【Archive】プロ・カメラマンの撮影した蒼井真理子さん。

画像をクリックするとFrickr(旧会時代の画像倉庫)にジャンプします。
▼写真に関する詳細は下記の記事で。
machicommu.jugem.jp/?eid=516

▼蒼井真理子さんプロフィール
http://hug-s.net/ladies/aoi/aoi.html

【ひとりごと】竹宮さんに関してちょっとした補足です。

プロデュース店のエースキャストの一人・留学生の竹宮若葉(たけみや・わかば)さんに関しまして。
AV女優の

「土屋あさみさんにそっくり(以下略)

とご説明したところ、複数のお客さまから「土屋あさみって、どんな子だったっけ?」というご質問を受けました。

まあ、私も浅野くんに言われて知ったので、それほど詳しく知っているわけではないのですが(笑)。2014年初頭にデビュー。わずか2年の短い活動期間中に100本近い作品に出演し、『2010年代最強ロリ』という称号も戴いたカリスマ女優さんです。インターネットで画像を検索してご紹介しようと思ったのですが、企画単体女優ということもあってか、きちんとした宣材写真は見つかりませんでした。
とりあえず拾った動画から画撮してみましたが▼

下に2つほど動画を添付しましたので、ご興味のある方はそちらでご確認頂ければと思います。特に2本目の動画は、監督との間で、まさに『土屋ワールド全開』なやり取りをしておりまして…思わず苦笑してしまいます^-^;)

なお上でご覧頂いたようにAV女優・土屋あさみさんは、極端なまでに舌っ足らずな声と独特なテンポで喋る、万事に適当なゆる〜いキャラで有名な方ですが(笑)。明日から静岡にいらっしゃる竹宮さんは「明るく素直な、いたって普通の子」(浅野くん談)だそう。
とりあえず見た目だけ参考にして頂く感じでしょうか。

【ひとりごと】2017.03.15(水)の諸々。

いやあWBC盛り上がってますねぇ!

我らが侍ジャパンは、心配された打撃の方が思ったより好調。逆に頼みの投手陣はやや不安定ですが、その中にあって盤石の投球を続ける牧田和久投手(西武/静清工出)と、オランダ戦で絶体絶命のピンチを切り抜けて勝利への流れを呼び込んだ増井浩俊投手(日ハム/静岡高出)の焼津組が大活躍しております!

大会直前の調整試合の内容をみて「話にならん。もうダメなんじゃないの」とサジを投げ気味だった佐藤さんも、ジャイアンツの正捕手・小林誠司選手の殊勲打連発にホクホク顔。早くも「優勝セールやる?」などと申しておりますが、まあ、そういうことを先に言ってしまうと縁起が悪い…。今日の試合が終わるまで二次リーグ突破も確実ではないですしね。準決勝以降は相手も大幅に強化されますので。

さて。そんなWBCとは直接関係ありませんが、静岡市出身の格闘家・青木真也さんが書いたAmeba Timesの記事が話題になっておりました。
記事の追伸にある超絶美人ギャル。なんと浅野くんが出張中のお店のオーナーさんのお知り合いだそうで…。世間は狭いものです。
それはさておき、青木さんの書いた文章の上手さにもびっくり! 内容にも大いに共感いたしました。

力はスタートラインに立つ最低限の資格であり、努力しても叶わないことがあると学ぶために努力するのだと思っています。努力だけじゃどうにもならないことがある。人生は不平等だと観念することが大事だし、努力すれば叶うと言うのは暴力的です。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170311-00010004-abema-fight

いやまさに…
その通りですね。

【個人キャンペーン】『お時間20分サービスでマッサージ♪』とは!?

コースのお時間とは別に、
20
サービス
女性会員さんのマッサージで日頃の疲れを癒して頂ければ。という人気のリラクゼーション・プランです。

全身マッサージを行うにはやや短めの時間ですので、基本は、首、肩、背中、足裏などの中から「1〜3か所」ご希望の場所を挙げて頂き「部分マッサージ」をお楽しみ頂く形になります。
ご希望があればお店に常備してあるアロマ・オイルの使用も可能ですよ
ヾ(oゝω・o)ノ

注意事項
『20分』という、かなり大幅なお時間のサービスを伴う企画ですので、下記の点をご了承下さいませ。
●60分コースでは原則として対応しておりません。
●通常は人数制限を行わず「ご希望の方全員」に対応するプランです。ただし待ち受け時間が短い方の場合などは、例外的に「1日当たり、お一人様限定」等の条件を付けさせて頂く場合がございます。
●アポ待ち当日に入ってからご予約頂く場合、既に他のお客さまのスケジュールが組まれていていて時間が取れず、お断りするケースも出てこないとは限りません。プランをご利用の場合、なるべく「お待ち合わせ前日まで」に事前予約して下さいますよう、お願い申し上げます。
●サービスの20分は『マッサージ用』のお時間です。プレイ・タイムとしてご利用頂くことはできませんので、ご注意くださいませ。

疑問点等のお問い合わせ/ご予約
TEL:090-7402-9534

【個人キャンペーン】『送迎お任せします!』とは

お客さまが市の中心部から離れた場所でお待ち合わせをご希望なさった場合、スタッフが現地まで女性を送り届け、お別れの時間に合わせて迎えにいくことになります。
この車での「送り・迎え」のことを我々の業界では『送迎』と呼びます。

そして、この『送迎』を「お客さまに代行して頂く」ことで、

「我々スタッフの手間が省けるだけでなく、お客さまにも『ちょっとした無料のドライブ・デ―ト気分』を味わって頂けるのではないか?」

ということでスタートしたのがこのプランです。

始まった当初は、説明の行き違い等による混乱も心配していたのですが、女性やスタッフと信頼関係のある常連さん/事情通のお客さまがご利用になる『玄人向け』のプランとして、案外すんなりと定着。今では毎月のようにどなたかが実施する「持ち回りの連載企画」となり、お気に入りの女性がこのプランを実施なさっている時には「必ず使う」というお客さまも増えて、ずいぶん楽をさせて頂いております(笑)。

市街地にお住まいで
「たまには足を伸ばして郊外のホテルを使ってみたいけど、駅周辺で待ち合わせてから移動すると余分なデート代が掛かっちゃうのがなあ…」
という方や、単純に
「出来るだけ長い時間、女性と一緒にいたい!」
「プチ・ドライブデ―トを楽しみたい!」
という方、ぜひともご利用下さいませ^-^)/

なお、下に諸々の付則事項を書かせて頂きましたが、文章で読むより、やはりお電話でのやりとりを通してご理解頂くのが一番です。わからない点を納得いくまでその場で質問して頂けますしね!
最初は勝手がわからずちょっと手を出しにくいプランかもしれませんが、何度か使ううちに慣れてきてお得感を実感できると皆さん仰ってますので。「使ってみたいな」という方がいらっしゃいましたら、ご予約の如何にかかわらず、どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。

プランの説明
メリット
●「送迎」発生時に頂いております交通費は当然、頂きません。
●行き帰りのドライブの時間はコースに含まれず、無料デートといたします。

女性と落ち合う場所
●駅北のロータリー
●駅南のスルガ銀行前
●スルガ銀行向かいのセブンイレブン前
基本は「上の3か所のどこか」とさせて頂きますが、駅周辺であればある程度対応できます。ご希望がある場合は仰って下さい。

行き先の範囲
料金表に記載のある丸子清水焼津
このあたりのインターまでを行き先の限度とさせて下さい。

行きだけ/帰りだけのドライブは可能?
「行き」か「帰り」どちらか片道だけをご希望の場合、ドライブ時間を「無料サービス」とするかわりに通常通りの「交通費」を頂きます。

対応人数/ご利用条件
このプランは物理的にかなりの『時間』を要しますし、時間の調整も大変です。大変申し訳ございませんが、下記のご利用条件をつけさせて下さいませ。
●お待ち合わせ前日までにご予約下さった方
●一日につき、お一人様限定(先着)
●『受付終了』時刻の直前からお待ち合わせなさる場合、女性会員さんのその日のご帰宅時間の関係でお断りせざるを得ないケースも出てまいります。その点は何とぞご了承くださいませ。

その他「お別れの場所をどこにするか」等も含め、諸々、ご予約時に打ち合わせをさせて頂ければと思います。
疑問点等のお問い合わせ/ご予約
TEL:090-7402-9534

【個人キャンペーン】『New Face Challenge企画』とは?

New Face〜の名の通り、主に新人さんが行なう
「接客技術の習得」
「プレイの実力アップ」
を目的としたサービス系プランの総称です。

 

どのプランも

  • 料金の値下げ
  • お時間のサービス

など、何がしか『特典』をつけることでお客さまのご利用を促し、

お客さまがたくさん使って下さった結果、新人さんに「経験のチャンス」が生まれる

技術を「試す」機会が増えることで

  • 自身の実力アップ
  • 顧客満足度のアップ

に繋げる

というような流れになれば…と考えております。

 

ちなみにNew Face〜にはどんなプランがあるかと言いますと…


【技術系プラン】

 

【接客系プラン】

 

等が挙げられ、【技術系プラン】の中にはケース・バイ・ケースで『マットプレイ』が組み込まれることもあります。

hug.に新人さんが入会した場合、最初の約半年は、個人キャンペーンで上記プランを順を追ってこなして頂き、最後に『New Face Challenge終了検定』で合格すれば、翌月からご本人オリジナルのプランに移行します。

 

(※)『20分マッサージ』『送迎』は新人さんに限らず、他の女性会員さんも一緒に持ち回りで行う連載プランです。

【浜田さん】3月の個人キャンペーン!

f:id:hug-s:20170301151811j:plain

続きを読む >>

【女性会員さんの日常】意外な盲点。

f:id:hug-s:20170301154928j:plain

ここ最近、午前10時くらから午後15時頃にかけて「お昼時をまたいで」アポ待ちなさることが多い浜田麻希さん。
こういう待ち受け時間の設定をした場合、見過ごされがちな盲点・難しい点が1つありまして。それが「食事のタイミング」。かつて夜間アポ待ちが中心だった頃の浜田さんは、ご自宅で早めの夕食を済ませてからお待ち合わせに向かわれていたわけですが。今のアポ待ちパターンですと「待ち受け時間の真っ最中」に上手く時間を作って昼食をとる必要が出てくるんですね。

しかし、これが案外難しいものでして。
予定が詰まって結局、昼食抜きになってしまうこともしばしばです。

ちなみに、ほとんどの女性会員さんは、「午前中からアポ待ちする場合、お昼くらいで受付終了」とか。逆に「昼食をとったあと午後からアポ待ち」というように、なるべくお昼をまたいでアポ待ちなさるのを避けてらっしゃいます。定期的に「お昼またぎ」の待ち受けをなさるのは、今だと浜田さん以外に月岡真奈美さんくらいでしょうか。

それはさておき。
3月の浜田さんの個人キャンペーンは、こういった状況に対する『逆転の発想』といいますか。

「待ち受け時間中に食事の時間を作るのが難しい」
「であれば…」
「お待ち合わせの中身・システムの一環として、お客さまと一緒にお昼を食べちゃえばよくない?」

というもの。
我々の業界も真面目に接客する女性は結構「体力勝負」でスタミナが必要ですし。食事はやはり「10分でパン1個と缶コーヒー」というような焦って済ます形ではなく、しっかりと取って頂きたいと思っております。
企画立案者の浜田さんも

「これ案外いいプランだと思わない? 使ってくれる人が結構いるようなら個人オプションっていうか、知る人ぞ知る裏メニューにしたい!」

と仰っておりました。
これが流行るようなら、浜田さんの許可を得てアレンジし、お店として「昼食付きコース」のような新たなシステムを付け加えることも考えています。

【ひとりごと】いわゆる『技術』に関するお話。

いきなり結論めいた事を書きますが、新人さん向けの技術講習プラン群である『New Face Challenge企画』の中でも『素股』というプレイ。これこそが、我々の業界におけるベッド・タイムの数あるテクニックの中で、最も重要なものであることは論を待ちません。

と言いますのも。

デリヘルにおけるプレイスキル、テクニックを大雑把に大別すると
●手コキ
●フェラ
●素股
この3つにわかれるわけですが、このうち『手コキ』は早い話オナニーと一緒ですので。男性はご自身の手で同じようなことが出来ます。『フェラ』も広く一般に親しまれている普遍的なプレイですから、奥様や恋人の女性がいらっしゃる方であれば日頃から頻繁に楽しまれているでしょう。

これに対し『素股』は、プライベートの性生活でほとんど経験する機会のない特殊なプレイです。
そして我々の業界「だけ」が本格的なものをご提供できるプレイなんですよね。

やや大げさなことを言うと、例えどんなにプライベートでモテてている男性でも、我々の業界を使ったことがなければ「本物の素股」が果たしてどういうものなのか、その「感触」を知ることはできません。
もちろん、いくら珍しかろうが、気持ち良くなければ意味がないわけですけれども。『素股』は、きちんとテクニックを学んだ女性に当たると「どう考えても入れているようにしか思えない」錯覚に陥るそうですし、それどころか「むしろ本〇より気持ちイイ!」とすら感じることのあるプレイだと言われています。つまり、長じれば本〇とはまた違った種類の気持ちよさを与えることができる、病みつきになる魅力がある技なんですよね。

そう考えてみると、わざわざ有料でお店をご利用頂く以上、『手コキ』のバリエーションや『フェラ』のテクニックも重要ですが、最終的には『素股』の腕前こそがお客さまの満足度に繋がるものだと私も佐藤さんも考えております。
また同時に、女性キャストさんの側から見ても、しっかり身につけることで本〇強要をグッと減らすことに繋がります。

サービス「する側」と「される側」。そのどちらから見ても、大きな価値を生む『素股』というプレイ。これはもう、ぜひとも女性キャストさんに積極的にトライし、マスターして頂きたい技術なんですよね。

ところが…
この『素股』というプレイ、女性にとって非常に体力を消耗するものでもあります。
そして私生活で行うプレイでもないため、hug.のような「素人性重視」「あえて講習を行わない」という方針のお店だと、それを逆手に取って「やったことないので、できません」という主張がまかり通ってしまう空気を生みかねません。

実際には『素人性』と『ただの素人』は違いますし、『素人性』を大切にしているからといって、技術の習得を疎かにしていいわけではありません。そして「何事も、やらなければ永遠にできるようにならない」わけですが…。
そのあたりはもう、キャストさんご本人のやる気であったり、接客に対する意識の持ちよう次第という面もあるんですよね。彼女たちは、突き詰めると個人事業主。こちらで出来るのはアドバイスまでで、強制はできません。

イビチャ・オシム元サッカー日本代表監督は、かつて

「走らない選手は本当に走らないのだよ、これが(笑)」
http://d.hatena.ne.jp/aratasuzuki/20070906/p2

という有名なコメントを残しましたが、お客さまに楽しんで頂くために「努力する」という気持ちの薄い人に、口を酸っぱくして『素股』の重要性を説いても、やはり心に響きません。「疲れる」「やらずに済むなら、やりたくない」という気持ちが先に立ってしまうんですよね。そして、そういう面倒くさがり屋の方というのはリピーターさんもつきづらいですので。他の方が努力するなか、特に何もせずにご指名を頂こうと思えば、最悪、違法なサービスへとつながっていってしまうと…。

話がちょっとそれますが、わりと誤解されがち、というか、お客さまと女性との間で認識のズレを感じることの多い行為に本〇があります。これ、男性側は「しないと稼げないから、しかたなくしている」と思いがちですが、実は女性側の「した方が自分が動かなくていい」「お客さんが勝手に動いてイッてくれてるんだから楽」という理由で行われているケースがほとんどです。要は究極の「手抜き発想」から生まれているものなんですよね(笑)。
経験上、自信を持って言えますが、デリヘルは本〇なしで十分に稼げます。ただ、そのためには、ちゃんと努力して通常プレイの技を磨かなければいけません(むろん会話や雰囲気作りも重要です)。
『手コキ』は下手。『フェラ』も下手。『素股』はできません…。これでは私がお客さまの立場でも「じゃあ、君はいったい何ならできるんだ!?」「何もできないなら、せめて本〇させてくれ」と言いたくもなります(笑)。

話を元に戻します。
hug.はもともと即アポ!時代から『性善説』と言ったらいいのでしょうか。女性側に真面目なプロ意識があることを前提にお店作りをしてまいりました。
佐藤さんも、ご自身がお客さま目線で接客できる優良人気プレイヤーでしたし「それが当たり前」だと思っていた面もあります。
私もそうです。即アポ!に入り蒼井真理子さん木村朱里さんを見て育つ中で「サービス業を志す人には、サービス精神があるのが当然」かのように考えていました。
実際には、それは感違いであって、蒼井さんや木村さんはむしろレアな、お客さまにとってもスタッフにとっても大当たりの方々なんですよね。

街コミュ。になって以降に入会された方の中でも、例えば高岡佐知さんのように必要に応じて自分から先輩の懐に飛び込んで教えを請いに行ける方もいますし、そういう方ばかりであれば「あえてお店側が余計な手を加えない」「マニュアル的に教え込まない」というスタイルは非常に上手く機能します。
個々の女性が、それまでの人生で得てきたものを自然な形で生かす。それが我々の求める『素人性』に繋がるものだと思いますし、そういった「プロっぽくないもの」を求めている方はたくさんいらっしゃると思いますので。

ただ、面接していても正直、年々そういう「風俗のプロではないけど接客に対する意識は高い」「自分の都合だけでなく、相手の目線にも立って物事を考えられる」人って減ってきているように感じます。
加えて、教えを請うにもまたキャラクターというかコミュ力?みたいなものが必要というか。高岡さんが色々教えてもらえるのも、結局は「年上に可愛がられる性格」だというのが大きく、人見知りの激しい方だとまた話もかわってくるんですよね。

産休中、佐藤さんはそのあたりのことをずっと考えられていたそうで、「結局はご本人の資質」が重要というか。サービス精神や愛されるキャラクターをお持ちでない方を「プロ意識の高い愛されキャラ」に変えるのは難しいと痛感し(まあ誰しも大人になってから自分の性格や考え方を変えるのは困難ですしね…)、スカウトの手段や方法、採用に対する考え方を根本から見直したそうです。
その結果、月岡真奈美さん以降「お客さまに楽しんで頂きたい」「気に入って頂いて、ご指名を受けることでお客さまとの長期的なリラックスした関係を築きたいたい」という気持ちが伝わる真面目で意識の高い方が増え、同時にルックスやスタイル、雰囲気の面でもバリエーション豊かとなって、スタッフとして自信を持ってオススメできる陣容が揃いました。
相変わらず少人数ですが、皆さん頑張ってアポ待ちして下さる上にリピート率がかつてないほど高まり、お店としての稼働率、収益性は有難いことにすごく上がってきています。

あとはこの大切な、素直で伸び白のあるキャストさんたちが、より大きく育つような環境であったり、システム、雰囲気作りが必要になってきます。

「講習をしない」ことの功罪は未だに残されたままですし、私自身もそれがいいことなのかどうか未だ結論を出せずにいますが、「何もしない・できない」ことを「素人っぽさ」だと開き直るのは、やはり間違っています。
せっかくヤル気のある方々が増えましたので、このあたりで、もういちど即アポ!時代に立ち帰って。女性会員さんとお店が一緒になってお互いが教え合いながらレベルアップを図れる雰囲気を作り、最終的に『技術』の面からも「風俗としての楽しさ」を存分に味わっていけるようなお店にしていきたいと考えております。

「素人性」や「清楚感」「清潔感」…。
こういった雰囲気面での演出は、やはり根底に技術があってこそだと思いますので。

というわけで今月は月岡さんが『素股』の研修企画にチャレンジしますが、今後も似たような「お客さまにメリットのある」形のレベルアップ企画を用意し、女性とお店、そしてお客さまも巻き込みながらよりよいお店にしていければと考えております。

【女性会員さんの日常】佐橋さんと『勝負下着』

春一番も吹き去り、少しずつ暖かさを増す今日この頃。大人気の『マットプラン』のシーズン・インを来月に控え、今月の個人キャンペーンでは持ち回りの『勝負下着プレゼント企画』を実施することになった佐橋杏奈さん。

「本職・美容部員」。
美意識の高さと豊かなバストが目を引く『オトナのお色気』系…。
洗練されたセクシーさが魅力の女性ですが、下着の好みについては

「昔から、あまりボンヤリした色は着なかったなぁ…。基本的には黒とか、白とか。あとは…赤とか?」

とのことで。
なるほど確かに。。。
公式サイトでも使用しているプロフィール写真▼

や、旧会時代に撮影したグラビア写真▼

をご覧になって頂くとわかるとおり、とても色白で肌の綺麗な方。黒のようなハッキリした色だとコントラストで肌の色がより引き立ちそうです。

ただ、ご本人が一番気を配ってらっしゃるのは色でも形でもなく「下着そのもののコンディション」なのだとか。

「服も下着も、どんなに丁寧に扱っても洗うたびに確実に生地は痛むし、色もくすんでいきます。怖いのは、高くて質の良いものほど劣化してることに気付きづらい事なんだよね。服と違って下着をみせる相手というのは確実に特別な人じゃない? 失敗できないわけだし(笑)。十代ならまだしも、オトナの女が生活臭を感じさせた時点で、お相手の男性はガッカリというか、ガッカリで済めばいいけど引かれる場合もありますよね。だから私は、大切な人と会う時の下着に『もう少し着れるかな』とか『まだ大丈夫かな』はないと思ってます。新品を手元に用意しておいて、見比べてみて。ちょっとでもくたびれた感じがあると、いさぎよく廃棄。もったいないけど、他の人にあげて喜ばれるものでもないしね、あ…今回あげるんだっけ(笑)。」

とのこと。いやあ、さすがの美意識の高さ…
ちなみにプレゼントして頂く下着についても、

「ぱっと見て新品とそんなに変わらないと思うよ? こういうのってむしろ、ちゃんと使用感がある方が喜ばれたりするのかな(笑)。そのへんは店長の方が詳しいんじゃないの?」

と逆に質問されました
ヾ(o´∀`o)ノ

個人的には…あれですかね。
目の前で脱いで頂ける以上、使用済みであることは確実なわけですから。完全に着古して痛んでるものよりは新しいものの方がいいような気が…。
お客さまは如何でしょうか?