【第3回/条件提示イベント】L.A.Lakers戦

今日の午後行われたL.A.レイカーズとWAS.ウィザーズの一戦は
125 - 103
でレイカーズが圧勝。
八村塁選手は
16得点
8リバウンド
1アシスト
1スティール
という結果でした。

マッチアップする機会が多かった『AD』ことアンソニー・デイビスには豪快なシュート・ブロックを食らったものの▼

16点は十分合格点。
2試合あるうちの1試合目で既に「3000円OFF」圏内に突入したのは大きい!

惜しむらくは試合が中盤以降、30点前後の大差がついて、早々に控え選手中心のガベージ・タイムとなってしまい、主力の八村選手は第3Qで「お役御免」となってしまったことでしょうか。仮に第4Qもプレーできていれば20得点以上の大台に十分手が届いたと思うのですが…。

ただ何はともあれ、レブロン、ADといった「NBAの真のスーパー・スター」と対戦し、個人としてある程度通用したことは、レナードやPG13(ポール・ジョージ)の待ち受ける次のクリッパーズ戦に向け大きな収穫になったと思われます。

60分コース無料(2名さま)まであと9点
90分コース無料(2名さま)まであと19点

60分〜はほぼ「射程圏」で、90分〜もチームが終盤まで接戦で粘ることができれば大いに可能性ありです!