【第56回/割引クイズ】このあと23時に参加メールの受付終了します。

f:id:hug-s:20191212161103j:plain

それでは最終の告知を!

本日12日(木)
午後23:00

第56回/割引クイズ
『町田恭子さん登場
目指せ90分無料!個人キャンペーン告知画像当てQuiz』

の回答メールの受付が終了となります。
メールをまだ送ってらっしゃらない皆さま、どうぞお急ぎ下さいませ!!

今回は10個ある『候補』画像の中から
町田さんが選んだのはどれか?」
を当てて頂く『個人キャンペーンの告知画像当てクイズ』。候補の各画像の下記のような制作意図で作成されており、町田さんにも伝えてあります。恐らく多少なりとも選考に影響を及ぼしていると考えられますので、ヒントのかわりとしてご確認頂ければと思います。

▼画像1

今回一番最初に作った画像です。
既に有名無実化していますが、この企画がスタートした当時のコンセプトである「メイド姿で年末大掃除のお手伝い」に沿って直球で作りました。通常の月であれば私がこれを町田さんに推薦し、そのまま「これでいいんじゃない?」になったと思います。今回そうならなかったのは、タイミング的に年内最後の割引クイズとなる可能性が高く、何をクイズのテーマにするか考えた時に「サッカーのE1選手権よりは画像クイズの方が参加する方が増えそう」だと。そこで女性会員の皆さんから集まったプランをみて、一番画像を探しやすいのが『メイド』だったんですね。
現在の利用実態を考えるとプランの内容から多少ズレてはいますが、元々がこういうものですので町田さんがこの画像を選ぶ可能性は大いにあります。

▼画像2

個人的に非常に気に入っている一枚です。
まず何と言ってもメイド服のデザインが可愛い!
スカート丈がミニで、裾下からのぞく太ももの「チラ見え」が男心をくすぐります。
また背景がないため、見る側の視点が女の子に集中。挑発的な表情・ポーズがより引き立っているような気がします。色味がちょっと渋めですが、印象に残る一枚では?

▼画像3

先に作った画像1〜2が「シンプルであること」に徹した人物オンリーの構図でしたので、逆に背景がしっかり描き込まれている「ゴチャっとした」ものを作ってみました。
このプランではお客さまのご自宅に伺う場合「材料費を頂ければ、その場で手料理を振舞います」という点をプッシュしておりますが、この画像は、その点に焦点を当てています。

▼画像4

こちらも画像3の延長で、背景がしっかり描き込まれた画像をチョイス。画像3と違い、ちゃんと全身を入れた上で「少しセクシー要素のあるものを」と考えて作ったものです。
「スカートの中を覗き込む」という、ともすればスケベな視点ではありますが、背景がおもちゃ箱をひっくり返したような賑やかさで、色使いもカラフル。そのため過剰なお色気・イヤらしさが消え、ポップで可愛いらしい告知画像に仕上がっている気がします。

▼画像5

画像4で「微エロ」を追求しましたので、逆にこちらは徹底して「爽やかさ」に振って作ってみました。背景がなんとなく『和風』と言いますか…。ファンタジー色の薄い日常系。柔らかいトーンの色合いに、顔のアップ(に近いバストアップ)という構図で、一般漫画の表紙とかにありそうですよね。エロさは皆無ですが、逆にそういう画像の方が他の画像と並んだ時にパッと目を惹く気もします。

▼画像6

ここからは実写版です。
メイド服というと一般的には『黒地』に『白のエプロン』を合わせる2トーンカラーをイメージしますが、こちらは白の1トーン・コーデ。『オフホワイト地』に『ストライプの胸当て』を合わせた珍しいデザインとなっています。デザインで冒険していながら、ちゃんと『メイド服』に見えるのがポイント高い! 『ありきたりでない』という点を評価して取り上げてみました。

▼画像7

「背景がごちゃごちゃしていない方が、見せたいものを見てもらいやすい」というのが、ここ最近の私の持論ですが(笑)。その持論に沿って作った一枚。といっても、ただ単に「背景がシンプル」というのではなく、この画像、構図が非常に面白い! 余白の取り方がとても凝ってますよね。ポーズにもドラマ性があるというんでしょうか。画面左上に何か汚れを見つけたような感じで演技されています。フリーの実写素材でこういう「モデルさんがちゃんと演技しているもの」って実はとても珍しく、一見地味な画像ではありますが、個人的には気に入っています。

▼画像8

写真バージョンで一番最初に作ったのがこれです。基本的には画像1と同じ。「メイド姿で年末大掃除のお手伝い」というコンセプトに沿ってストレートに作っています。
服のデザイン的にも「メイド」と言われて誰もがパッと思いつくタイプのもの。メイドコスプレで何かやるという企画内容を伝えるにはピッタリ!…な反面、当たり前すぎてつまらないと思われる危険性もある一枚ですね。

▼画像9

画像8が直球でしたので、少し変化を加えまして…。バック・ショットの見返りポーズを使用してみました。メイド服のデザインはたぶん画像3とほぼ同じなんですが、正面か後ろ向きかだけで印象は大きく変わりますよね。どちらが好みかは人それぞれでしょうが、より珍しいポーズであるぶん、こちらの方がご覧になる方はハッ!とするかも。

▼画像10

最後に。
実写でかつ背景の描き込みがあるものを1つ作ってみました。
しかし人間の顔って本当に不思議ですね。一部を隠しただけで、まるで別人に見えます。

 

 

ということで、以上10作品。この中から町田さんが最終的に選んだ画像は…