【ひとりごと】2020.01.11(土)の諸々。

既に公開中の新・hug. News+Topicsですが、昨日の夜からPC版ブログのデザインの細かな調整作業を行っています。

 

主な調整ポイントは

  • ブログタイトル(hug. News+Topics)の書体
  • リンク部分の色使い

この2点でしょうか。いずれも、ちょっと悩んでおりまして…。あと数日、コロコロ変わります。ご容赦くださいませ。

 

今回のブログお引越しでは、公開までに時間がなく、jugemの特徴・強みの1つである「デザインの自由度」を全く生かせなかったのが心残りです。本来ならカスタマイズ用に用意されている「叩き台」のデザインを、丸三日くらいかけて好みのものに魔改造していくというのがjugemの楽しみの1つなのですが…。

 

逆に、はてなの場合、あらかじめ用意されているテンプレートを選ぶだけで、そういうデザインの自由度がほぼなくて、今になって思うと、「なんで、はてなを使ったんだっけ?」と自分でも疑問に思わないでもないのですが(笑)。1つは、はてなのほぼ唯一と言っていいメリット「カテゴリの複数設定」がhug. News+Topicsでは非常に便利な点にありました。

 

どういうことかというと、例えば【蒼井さん】2020年1月の個人キャンペーン!という記事があったとします。はてなでは、この記事に対し『個人キャンペーン』と『蒼井真理子』の2つのカテゴリを設定することが可能でした。

 

これに対し、jugemはカテゴリが1つしか設定できませんので、『個人キャンペーン』と『蒼井真理子』のどちらか1つにしなきゃいけないわけです。

 

この点に関して、今回の『新hug. News+Topics』では、なるべく女性会員さんの名前でカテゴライズしてあります。記事が【蒼井さん】2020年1月の個人キャンペーン!であれば、カテゴリは『個人キャンペーン』ではなく『蒼井真理子』になります。特定の会員さんしか指名なさらないお客さまにとっては、これで特に不便はないかと思いますが、フリーのプレミア会員さんで「個人キャンペーンの内容を比べてみて、今月どの子を使うか決める」というような場合はちょっぴり不便になるかも…。

 

この他、再度両サービスを比べてみて気付いた点としては、

 

はてなとjugemの違い

  • 管理画面の使い勝手では大差ないですね。書体を変更しやすい点やリンクに自動でtargetタグを付けてくれたりといった細かい気配りではjugemに軍配が上がりますが、はてなは「下書き保存するつもりの記事をうっかり公開」というような事故が起きにくいです。
  • その他だと、記事公開前のプレビューのしやすさは、jugemの方が楽。そのため記事の作成作業が捗ります。逆に、はてなは「記事アドレスを自由に設定できる」機能があり、記事番号(ID)で管理されるjugemと比べ昔書いた記事の検索が容易です。
  • 有料プランのコスパという面では圧倒的にjugemが上です。両者ともフリープランから有料プランに切り替えて「できるようになること」の内容はそんなに変わらないのですが、1カ月あたりの契約料でみると、はてなはjugemの3倍!

 

こんな感じでしょうか。

いずれにしても、hug.の公式ブログを立ち上げるにあたりjugemではなくはてなを使ったのは、街コミュ。時代にjugemを使い込んで「飽きていた」というほどではないものの「一度別のサービスを試してみたかった」というのが一番大きな理由だったような気がします。

 

即アポ!時代の

『sokuapo! News+Topics[1]』から

『machicommu.Web!』

に変える時には、どれが最も優れたサービスなのか相当調べたんですよね。その上でjugemを選択したわけで…。その時、最後まで比較対象として残ったのは、はてなではなくFC2でした(笑)。なのに、うーん。なんではてなを使ったんだろう(笑)。

 

結局、ちょっと浮気してみたけど、やっぱり最初の女性が一番だった。ということで。

離れていたことで新鮮さも取り戻せましたし、またjugemを使ってしっかり記事を更新していきたいと思います。

- 脚注 -
1.^『sokuapo! News+Topic』では、Googoleの提供するブログ・サービスである『Blogger』を使っていました。これを採用した理由は(1)お洒落で近未来的な動きをするテンプレートが揃っていたこと(2)日本では利用頻度が低いため「何となく差別化できそう」な気がしたこと、の2点だったのですが、実際には「お洒落で近未来的な動き ⇒ 当時のPCスペックでは動きが重い」「日本では利用頻度が低い ⇒ 日本語対応が不十分」ということだったわけで…。お店が街コミュ。にリニューアルした際、jugemに切り替えることになりました。