【風俗最前線】異業種との掛け持ちの現状

10月にいらっしゃる短期留学・七瀬りょうさんが、現役キャバクラ嬢であることは紹介記事の中でもご紹介しました。
今回はそれに関連する話題として、ここ最近、キャバクラと風俗を『掛け持ち』する女性が増えている点と、その背景について詳しく触れたいと思います。

 

まずはじめに。

一口に『キャバクラと風俗の掛け持ち』といっても色んなパターンがあります。

 

女性側の軸足が、水商売にあるのか。
それとも風俗にあるのか?
それだけでも、まったく違ったものになるんですよね。

 

例えばですが、元・歌舞伎町の人気キャバ嬢で、現在は歌舞伎町でガールズバーを経営している三遊亭めいサンによれば、最近は本当に枕営業するキャバ嬢が増えたそうで。
「増えたというより、もはや『枕営業=普通』になってる…」
とのこと。
「ひと昔前まで、枕営業って、するにしても隠れてしてたと思うんだよね。噂が立った子は必ず否定してた。けど今は逆。テーブルについて接客してる時から『私、枕営業って別に否定しないけどなぁ』『私も今のトコまだないけど、エッチした方が引っ張れるとか、お金になると思えば割り切ってそのお客さんと寝ることもあると思う』みたいな、ぶっちゃけトークをする子が増えている」
そうです。

 

こういうのって、お客さんを食いつかせるための餌としての会話なら理解できます。
が、どうやらそうでもないようなんですね。
というのも、めいサンの経営するガールズバーには連日、キャバ嬢とその指名客がアフターで来るわけですが、彼らは、めいサンや他のバーテンの女の子、あるいは他の客がいる前で堂々と交渉。まとまると二人でバーを出て近場のラブホテルへ!
そして
「コトが終わったらお客さんだけ(バーに)戻ってきて、『こんな感じ(の乱れ方・抱き心地)だった』と従業員や他の客に武勇伝を語りながら飲み直したり…」

が頻繁にあると驚いてらっしゃいました。

 

めいサンの仰る通り、ちょっと前までキャバクラで「枕したことある?」と聞いても「ある」なんて答える嬢は、まずいなかったはずです。
キャバ嬢の皆さんの中には
「キャバクラはお酒と会話で楽しませる場所。風俗ではない」
とか
「いかにヤラせず引っ張れるかが自分たちの腕の見せ所!」
という水商売の女としてのプライドがあり、肉体関係を求めるお客さんとの会話では

 

「どのくらい通えば、やらせてくれる?」

「私が好きになったら」


「どのくらいお金を積めば枕OKする?」

「最低でも1億かな〜」


こんな感じで、やんわりと『無理だよ』と伝えるのが一般的でした。

 

それが今や驚きの変化をみせているわけで…。
その裏に何があるのか?

続きを読む >>
1